デザイン・キューの考えるイメージ戦略

Home > デザイン・キューの考えるイメージ戦略

イメージ戦略とは

企業のイメージは良い場合も悪い場合も、対外的な評価や社会的な潮流に左右されやすい傾向にあります。そこで企業に求められるのは、自らそのイメージを戦略的にコントロールすることです。

社会全体で景気が不安定になっている昨今では、消費者の購買行動も慎重さを増しているため、「信頼できる」イメージを持つことが、企業の優位性を高めると言えるでしょう。

デザインの役割

「イメージを戦略的にコントロールする」と言っても、一般的にできることは企業理念を定めるといったところまでで、それだけで差別化を図ることはな かなかできません。大切なのは、その企業理念や商品の持つ特性をつかみどのようなカタチで社会に発信するかということ。私たちデザインQでは、その問題に 対して、ロゴやシンボルマーク、販促ツール、パッケージ、サインなど、あらゆるデザインを通してお応えしています。

  • 企業や商品コンセプトをじっくりとうかがう
  • デザインコンセプトを言葉にし、共有する
  • 言葉(コンセプト)を絵(デザイン)に忠実に落とし込む
  • 複数候補の中からお客様の考える優先順位をもとにすり合わせを行う

どの制作物に対しても、以上のような行程でデザインを行い、一貫してお客様や購買者をひきつけるかが私たちの仕事です。お客様の企業理念やご要望などを丁寧にヒアリングし、綿密な打ち合わせを重ねた上で制作を行いますので、安心してお任せください。

どの制作物に対しても、以上のような行程でデザインを行い、一貫してお客様や購買者をひきつけるかが私たちの仕事です。お客様の企業理念やご要望などを丁寧にヒアリングし、綿密な打ち合わせを重ねた上で制作を行いますので、安心してお任せください。